児嶋都:地獄の乙女.半魚文庫

Cojima miyako fun page


Since 99-10-01


コンテンツ

稀覯地獄 : 単著・単行本リストです。単行本刊行毎に更新。

モウラ地獄 : 2002年までの作品リスト。兼ギャラリー。作品発表毎に更新。

バクロ地獄 : 御本人がひたかくす、児嶋先生のプロフィール。

連索地獄 : お仲間のリンク集。


関連する主要サイト

児嶋都☆極道メルヘン :児嶋先生ご本人のblogです。

◆児嶋都ひっそり寄生掲示板◆ : 管理は児嶋先生。(更新停止中)

続・モウラ地獄 : 2002年以降の作品リスト。山本ニュー氏@サイコ工場。

児嶋都キャラクター人気投票 by SHINGO


おしらせ

2010-04-28

児嶋都個展『いちご心臓』

場所/銀座ヴァニラ画廊(中央区銀座6-10-10 第2蒲田ビル4階)

日時/2月15日〜2月27日、平日12時〜19時  土曜・祝日12時〜17時、日曜休廊

※初個展だそうです。おめでとうございます。
画伯としての活躍が最近ではもっぱらでいらっしゃるご様子。
ツイッターもやってらっしゃるようです。


2008-04-28

ホラー漫画家4人展・地獄からくり玩具箱

場所/ヴァニラ画廊(中央区銀座6-10-10 第2蒲田ビル4F、TEL03-5568-1233)

日時/5月5日(月)〜5月17日(土)、平日12:00〜19:00、土祝12:00〜17:00、日定休。

※御茶漬海苔先生の『惨劇館』映画化記念で、伊藤潤二、御茶漬海苔、呪みちる、児嶋都の4人の原画等の作品展。
初日にはオープニング・パーティあり。10日には黒色すみれさんらによる演奏会、『惨劇館』の予告編上映+トークショウ(児嶋先生も出るよ)。


2007-08-04

私のリトルナース展 Part1

場所/すみれの天窓(新宿区歌舞伎町1-1-7-2F)

日時/8月4日(土)〜8月19日(日)

※黒色すみれニューアルバム『天気輪組曲』発売記念の展覧会です。
児嶋先生のほか、15人ほどの作家さんたちが、平面作品および人形を出品されます。


2003-10-24

児嶋先生のサイン会

場所/山下書店  新宿本店 
新宿駅・新宿マイシティ6F

日時/11月9日(日) 15:00〜

問合せ/TEL.03-3352-6685

※山下書店新宿本店(新宿マイシティ)にて、
児嶋都先生の関連単行本(どの作品でも OK!)を購入された方に整理券を配布中です。


2003-08-22

最新作『怪奇大盛! 肉子ちゃん2』

(マガジン・ファイブ マジカルホラー2 A5判 2003-09-06)

快調に出てます。


2003-05-02

最新作『怪奇大盛! 肉子ちゃん』

(マガジン・ファイブ マジカルホラー1 A5判 2003-05-02)

待望の、肉子ちゃんシリーズ。


2002-10-15

最新作『緋色の囁き』

(角川書店 2002年10月1日 B6判)

原作・綾辻行人『緋色の囁き』(角川書店)が刊行されました。
『ミステリーDX』連載時と比べて、補筆などもあるようですから要チェックです。


2002-04-30

最新作『おとめ図鑑』

(ソフトマジック 2002年5月9日初版 A5判)

『おとめ地獄』についで、ソフトマジック刊児嶋都作品集第2弾『おとめ図鑑』が刊行されてます。


2001-09-10

最新作『おとめ地獄〜ヴァージニア インフェンルノ〜』

(ソフトマジック 2001年9月26日初版 A5判)

1996〜98年頃の、児嶋ホラーがみずみずしくノリまくってたころの作品集。
"グロポップ・ホラー"と称するらしい。なるほどね〜。


2001-1-15

最新作『眼球綺譚 -yui-』

(角川書店 2001年1月18日初版 A5判)

刊行されました。おめでとう。



2000-12-09
児嶋都 先生の、16年来のお友達の一言。

「みなさんにもオシリを叩いていただいて、 ムラっ気があるきゃつにバンバン原稿を描かせてメジャーに殴り込んできてもらいたいです。」

柴田亜美


Link Free!!

URL:http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/~hangyo/miyako/
Text:(C)1999 高橋明彦
Image: (C)1990 児嶋 都 (Browse, over 16bit color.)

※本サイト「児嶋都:地獄の乙女」は、高橋明彦が管理・運営するもので、本サイトの内容に対して、児嶋都氏は何らの責任を持つものではありません。正しい意味での公式サイトではありません。
※本サイト「児嶋都:地獄の乙女」は、SINET(学術情報ネットワーク)傘下のサーバ上にあります。本サイトには、刊行中の書籍の案内、イベント情報などが含まれますが、これは商業的な宣伝や営利を目的とするものではありません。出版文化の状況や作品の批評・享受などについて記録的な意味を持つ、広義の研究活動として行っています。


[半魚文庫] [楳図かずお.半魚文庫]