嫌い見ない払わない.半魚文庫

電視 : 嫌い見ない払わない

悪癖の使い魔

[自己紹介(内省のディスクール)]
[HP]

作成日:2003-10-14


書き散らしているので、誤字脱字がやたら多いです。ご勘弁下さい。気づいた時に誤字を直したりしています。同じ感覚で、断わり無しに本文を書き換えている場合もあります。

[top of Text]

2016-02-07 : テストを採点していて(1)
2016-01-10 : どうでもいい話
2015-12-03 : ベルクソンの無意識的表象
2015-11-12 : 怒りは二次的感情だ、そうですが(2)
2015-11-11 : 左折禁止
2015-10-27 : 動物になる―G・ドゥルーズ「アベセデール」のA
2015-10-23 : 新しい言葉、知らなかった言葉
2015-09-26 : 戦前を生きる(2)不確かな野党
2015-09-18 : 修一くんへのメール
2015-09-18 : イソップ物語より:断られた花婿の話
2015-09-09 : ファシモト市長の舌の根
2015-09-08 : 「決まったことは守る」と家庭内野党
2015-08-08 : わたしドジなんですと自虐
2015-07-21 : 白紙撤回など
2015-07-17 : 「何事も起こっていません」感
2015-07-15 : 愚行
2015-07-14 : あらためて、安保法案に反対します。
2015-06-29 : 宰相Aのフレンドリ・ファイアー
2015-06-20 : 出版にからむ陰謀説
2015-06-01 : 学もない、品もない(オ)ヤジ
2015-05-27 : もう戦えない、書店ガール
2015-05-18 : 余は満足じゃ2
2015-05-15 : 「我が国存立の危機」
2015-05-14 : 教員の国家免許化について
2015-05-11 : 虚構へ没入できない状況について
2015-05-10 : 道徳の教科化と成績付けについて
2015-04-28 : だれも読んでいないサイト
2015-04-13 : モラハラ
2015-04-05 : やっぱり皮肉で終わった……
2015-02-05 : 古舘伊知郎の覚悟の程に敬意を表します。
2015-01-12 : 薬師丸ひろ子「Woman "Wの悲劇"より」における時間イメージの誕生
2014-12-20 : 「また来るよ」としか言えなかったという話
2014-12-15 : 余は満足じゃ
2014-12-14 : 戦前を生きる
2014-12-05 : 世の中は何か常なる(2)
2014-11-04 : 批評すること、されること(美大祭まとめ)
2014-10-24 : イスラム国に行こうとした大学生
2014-10-09 : 怒りは二次的感情だ、そうですが!?
2014-09-24 : コピペ検出ソフトを悪く言うつもりはありませんが、
2014-07-02 : 閣議決定の価値(敗北主義を超えて)
2014-05-22 : 集団的自衛権の行使容認と
その閣議決定による解釈改憲に反対します
2014-03-15 : 「この本、全部読んだんですか?」
2014-02-26 : 選手には転ぶ権利がある
2014-02-22 : 自己点検と教員評価
2014-01-26 : 「足尾から来た女」(前後編)を見た
2014-01-23 : (江戸文学)研究における超越と内在
2014-01-15 : 『努力する人間になってはいけない』を読む
2014-01-15 : 世の中は何か常なるあす細川きのふの小沢けふの小泉
2014-01-10 : 「地元へ帰ろう」
2013-12-06 : 特定秘密保護法案に反対します。
2013-11-11 : 美大祭[まとめ]
2013-10-23 : 終わっていいかな?
2013-07-22 : 『入門 朱子学と陽明学』を読む
2013-07-22 : 『CASHERN』を見たという話
2013-07-22 : テレビの外の沢田研二
2013-07-22 : 歴史的圧勝(4)
2013-05-15 : 完全に破壊された人間性
2013-05-02 : 外交ルートの多様性
2013-05-03 : 未来に希望をもつことについて
2013-04-08 : 意味が分かると怖い映像
2013-04-05 : ベルクソン『創造的進化』に関し記帳雑俎ウソクルベ
2013-02-16 : よくわかるドゥルーズ(3) --- 他者なき世界と視触覚
2013-02-16 : 枠組みで描くこと/会田誠展を見てきました
2013-01-28 : YouTuber(3)---困難な音楽を生きる
2013-01-28 : YouTuber(2)---天才女性歌手ふたり
2013-01-28 : YouTuber(1)---エルドンやアモンデュールを聴いていた高校生
2012-12-17 : 日本は死にかかっている―歴史的圧勝・その三
2012-11-25 : 「日本語は死にかかっている」(ジョークか)(2)書斎術編
2012-11-11 : 妖怪と町おこし
2012-11-07 : Power under the People!
2012-11-04 : 芸術と言語(言葉に対する素朴な信頼)
2012-10-25 : 絶対に負けられない戦いがここにある
2012-09-07 : 昨今のマイクロポップな諸犯罪
2012-07-17 : パブコメを送りました。
2012-05-01 : 森山徹『ダンゴムシに心はあるのか』を読む
2012-02-02 : アカデミック・ハラスメントぼうしこうしゅうかいをうけて
2012-01-27 : 「日本語は死にかかっている」(ジョークか)
2012-01-27 : けっこう過激な今年の一年生へ
2011-12-21 : 「落語は人間の業の肯定である」
2011-11-06 : 気付きでなく、リレーショナルでなく、
2011-11-06 : 栗林は暴力を抑圧している――ダメなポストモダニズム
2011-11-06 : 独我論を超えて
2011-11-06 : ニューラルネットワーク幻想
2011-11-06 : 自体性。感情移入ではなくて
2011-08-06 : 毒と薬
2011-07-09 : 複数の「死」(2)
2011-06-09 : 複数の「死」
2011-05-27 : 伸び悩み芸人枠
2011-05-13 : わたしがツイッターをやらない理由
2011-05-13 : ハイデガーの死者論と脱構築
2011-05-13 : 内田祐也のロック
2011-04-21 : 『ゲド戦記』を見たという話
2011-04-21 : 賠償金は電気料金値上げで対応
2011-04-20 : 心は見えないけれど心遣いは見える、か
2011-03-22 : 「生徒のために死ねますか」
2010-11-29 : 青少年保護条例と表現の自由など
2010-11-20 : イソップ物語:家を倒した兄弟
2010-11-11 : イソップ物語:白いカラスと黒いカラス
2010-10-05 : 黒の鉛筆がない場合は、
2010-06-28 : NHKの人気アナウンサー
2010-06-22 : 南アWC日本優勝のオッズが401倍から201倍へ
2010-06-02 : 理想の国家の理想の首相
2010-05-20 : ベストセラーと統計学的真理
2010-05-07 : 国家重大文化出版工程《大中華文庫》に寄せて
2010-04-20 : 鳩山内閣もそろそろ終わりかね
2010-03-25 : 寛容---バカを許す大人の対応
2010-03-24 : 君は心の傷だから
2010-03-10 : 黒沢清映画を見ています
2010-03-08 : よくわかるドゥルーズ(2)---時間イマージュについて
2010-03-08 : 国母問題
2010-02-06 : 『ゲド戦記』が見たくなったという話
2010-02-06 : 金沢で菅木志雄展を見る
2009-11-27 : よくわかるドゥルーズ(1)---視触覚について
2009-08-24 : 今の総理は絵になるね
2009-08-24 : 大相撲中継におけるイマージナリーラインの侵犯について
2009-08-24 : こう考えてはいかがなものか(八ツ場ダム)
2009-08-31 : 歴史的圧勝(続編)
2009-08-20 : アニメの殿堂と日本の知性
2009-08-20 : あなたはだれと契りますか
2009-07-21 : 新小岩、いつの日も新しい驚き
2009-06-25 : 看板?ブランド?ともかく実体なき構造
2009-06-05 : パソコンが人間に見える話
2009-05-22 : 喫煙マナーの川柳を
2009-04-01 : 小津映画を見ています
2009-03-31 : 中田英寿はなんでももっている
2009-02-26 : 同じ土俵で戦うな
2009-01-23 : 寸志、ありがとうございました。
2008-11-18 : 転載「西田哲学の射程」(日本文学11月号・子午線)
2008-10-30 : 虚構の強度と主人公概念
2008-10-12 : kapoトークイベント「第3の途」って何?
2008-10-04 : 東国原宮崎県知事の携帯ストラップ
2008-09-24 : 前期のレポートを採点してて
2008-09-01 : 福田首相辞意表明のタイミングゥ。
2008-07-24 : チープであることの美しさ(映画・姑獲鳥の夏)
2008-07-23 : 分子生物学の最先端は、ヒューム=ドゥルーズといっしょ。
そんな意味でも推薦します。福岡伸一『生物と無生物のあいだ』
2008-07-07 : 井上雄彦・最後の漫画展
2008-05-27 : フェティッシュな魅力
2008-01-19 : 引力だ、引力だ(堺正章)
2007-12-26 : スキャナー・ダークリー
2007-12-16 : 共感という人間の本性
2007-11-09 : 都知事とブリキの太鼓
2007-11-09 : 悲しい気分で「わこうどわれら今は解かなむ」
2007-07-20 : 赤城の山の「ブザマな姿」
2007-06-03 : ストレスの抱え方/松本人志『大日本人』
2007-05-07 : 労働主体と消費主体/内田樹『下層志向』から少し
2007-05-07 : 24 Twenty Four -- アメリカの正義
2007-03-26 : タカアンドトシ、連覇ならず
2007-03-26 : 『ワイルド7』の月光仮面氏
2007-02-19 : カタカナばかりのオダギリジョー
2006-11-04 : KANAZAWA EYE -- 土田俊介・石崎誠和・喜多村徹雄について
2006-09-04 : 帝王切開
2006-09-03 : 鳴かず飛ばず、華丸大吉
2006-08-29 : 脳性マヒぶらざあず、自分を笑う力
2006-06-13 : 〈コンプリレーション〉と世界の多様性
2006-03-22 : いろいろ、オメデトウ
2006-03-17 : 『女王の教室』エピソード1・2
2006-01-25 : イナバウアーと身体移入
2006-01-24 : 堕ちた偶像
2005-12-26 : 欧米か!
2005-10-27 : よく分かった、ゲルハルト・リヒター
2005-10-04 : ハルとナツ
2005-09-28 : 〜じゃないですか
2005-09-16 : 歴史的圧勝
2005-08-27 : ネタバレ論
2005-08-23 : 〈コンプリレーション〉に関するメモ
2005-08-18 : マロン
2005-07-04 : 『女王の教室』NTV
2005-05-13 : 温室の美術を超えて
2005-05-13 : ルールよりマナー
2005-05-07 : 生きたボールは自ら解を出して走る --川口和久『投球論』
2005-04-13 : 主婦のゴレンジャー
2005-03-28 : 漢字もろくに読めない人
2005-03-09 : のど自慢
2004-11-22 : 「メディア社会と文学」とテクスト理論
2004-08-13 : 意味の左手遊具の右手
2004-06-22 : ジャパネットたかたのテンションが帰ってきた
2004-05-20 : 贈四芸祭パンフレット之後序
2004-04-19 : 《寸評》エーコ『物語における読者』
2004-04-16 : 横山光輝
2004-02-09 : いかりや長介が死んだことについて
2004-02-09 : 首都大学東京
2004-01-07 : 『ちょっと待って、神様』
2004-01-07 : 『その時歴史がSPECIAL/新選組』
2003-10-08 : 『帰ってきた ロッカーのハナコさん』
2003-09-13 : 『ニコニコ日記』/ 家族の回復と血のドラマ
2002-01-19 : フジテレビ『ロングラブレター+漂流教室』

[TOP of Index]