イベント・講義EVENT & PROGRAM

「秋を聴く- 金沢・寺町あたりで耳を澄まして-」

イベント

2017/10/28(土)

「秋を聴く- 金沢・寺町あたりで耳を澄まして-」

豊かな自然や地域資源が色濃く残る金沢のまち。その中でも寺町地域を中心とした
犀川沿いや野町地域などは、歴史や自然・地形、それらが育んだ文学など、様々な地
域資源が根付いています。今回、秋の金沢・寺町地域を舞台に、地域散策の企画を開
催いたします。
企画では、寺町寺院群の鐘の音が「残したい日本の音風景100選」に選定されてい
ることに着目。地域内にある、様々な音風景を散策を通じて楽しみながら、その隙間
や背景に根付く地域資源に触れてもらうことで、単なる散策体験ではなく、金沢や、
この地域だからこそ味わえる、実地的体験を創出することを目指します。
内容は、オリジナルの地域散策MAPや冊子を作成するほか、ゲストハウス「てらま
ちや風心庵」を活用させていただき、そこでワークショップを行うなど、体験全体を
魅力的にデザインします。

本企画は、企画者(白木裕也)の大学院における研究活動、「金沢市中心部における
歩くことを創出するデザイン研究」の一貫として開催する企画であり、その成果など
は修了制作の一部として、金沢21世紀美術館で発表・展示いたします。
また、日本サウンドスケープ協会との共催となり、企画の様子やそれらを元に書き起
こした文章などを協会に提出することとしています。

企画内容: 地域内の音風景や、その背景に根付く地域資源に触れる散策体験
会場  : ゲストハウス「てらまちや風心庵」及び、市内寺町周辺地域
日時  : 2017年10月28日(土)10:30-15:30
参加費 : 無料
申込先 : 電話080-5358-3807 / メール shiraki.yuya.t6.38@gmail.com (白木)

「てらまちや風心庵」とは
築百年の町家を改装。各地の風鈴が展示されたカフェ&ゲストハウス、時々ギャラリー。

企画・運営:金沢美術工芸大学大学院 環境デザインコース修士2年 白木裕也
共催   :日本サウンドスケープ協会
協力   :土田義郎(金沢工業大学)

 

一覧へ戻る
PAGE TOP