大学院美術工芸研究科博士後期課程DOCTORAL'S PROGRAMS

イメージ

実技と理論の総合研究

大学院博士後期課程では、「芸術に関する高度な創造および表現の技術と理論を研究教授し、地域の美術工芸の深奥を究め、これを総合的に発展創造させ、自立して創作および研究活動を行うために必要な高度の能力を備えた美術家および研究者を養成すること」を目的とし、美術界の第一線で活躍する大学院専任教授が研究制作の指導を行い、理論系教授が博士論文指導を担当しています。年2回公開の研究発表が行われるほか、「地域美術演習」、「造形総合研究」といった実技と理論を総合した学際的な科目も設けられ、学内外を研究の場とした比較的自由なカリキュラムのなかで研究が保証されています。博士課程の学生たちは国内外で活躍する作家、研究者でもあり、海外などに積極的に研究活動の場を求めています。1997年の設置以来、作家、デザイナー、研究者、国内外の大学教員など、精力的に活躍している43名の芸術博士を世に送り出してきました。また特別科目等履修生の制度が整えられており、社会人・留学生にも開かれています。

イメージ

博士学位論文

学位記番号 授与年月日  氏 名(ふりがな) 研究領域 博士論文名
甲第1号 2000/10/18 鈴木 浩之
(すずき ひろし)
美術
(油画)
跡の概念と美
甲第2号 2000/10/18 芝山 昌也
(しばやま まさや)
美術
(彫刻)
彫刻における形の意味
甲第3号 2000/10/18 藤井 一範
(ふじい かずのり)
工芸
(陶磁)
制作の展開と造形思考 -空間造形の可能性-
甲第4号 2001/3/30 武田 戸田 直子
(たけだ とだ なおこ)
環境造形
(プロダクト)
「おりがみとプロダクト・デザイン ´Papiroflexia&Product Design`
甲第5号 2002/7/4 賴 永興
(らい えいしん)
美術
(彫刻)
円空仏論考 -彫刻家からの視点-
甲第6号 2002/7/4 金 正逸
(きむ じょんいる)
工芸
(陶磁)
もの造りと思想「アイデンティティの構築」による 「切る行為がもたらす表現の展開を中心として
甲第7号 2004/5/13 石崎 誠和
(いしざき ともかず)
美術
(日本画)
反タブロー -構成から逃れつづける制作-
甲第8号 2004/5/13 古野 和子
(ふるの かずこ)
美術
(油画)
嘘の真実 -私の制作について1995-2003)-
甲第9号 2004/5/13 土田 俊介
(つちだ しゅんすけ)
美術
(彫刻)
『作者・作品・鑑賞者』
甲第10号 2004/5/13 髙屋 喜久子
(たかや きくこ)
環境造形
(環境)
ミニマムキッチンの研究
甲第11号 2004/5/13 齋江 貴志
(さいえ たかし)
環境造形
(プロダクト)
NCヒートカッターの回転 カットによる実験造形
甲第12号 2005/5/12 河 守美
(は すみ)
美術
(日本画)
〈祈り〉の軌跡 -絵画における多様性と興-
甲第13号 2005/5/12 廣瀬 陽子
(ひろせ ようこ)
美術
(日本画)
絵画を体験するために
甲第14号 2005/5/12 喜多村 徹雄
(きたむら てつお)
美術
(油画)
視ることの強度 -コードとしてのフレームを超えて-
甲第15号 2005/5/12 嚴 聖道
(おむ そんど)
工芸
(陶磁)
副題:生き物のエネルギーと 動きにより捉える表現
甲第16号 2005/5/12 金 夏廷
(きむ はーちょん)
工芸
(鋳金)
作品「WAVE」シリーズについて -「真土型鋳造」による「韓国の曲線美」をモチーフとする表現-の展開を中心として
甲第17号 2007/5/10 松永 敏秀
(まつなが としひで)
美術
(日本画)
写生論 日本画における時間性と平面性
甲第18号 2007/5/10 髙橋 律子
(たかはし りつこ)
芸術学
(日本美術史)
竹久夢二論 なぜ〈夢二式〉は社会現象となりえたか
甲第19号 2007/5/10 大泉 佳広
(おおいずみ よしひろ)
美術
(油画)
表象・空間・創造 表象から生まれる絵画と主観的感覚とのコンセンサス
甲第20号 2008/5/8 長谷川 清
(はせがわ きよし)
美術
(彫刻)
MAXIMUM ART、無限とともに生きる
甲第21号 2008/5/8 宮永 春香
(みやなが はるか)
工芸
(陶磁)
《陶》の表象としての制作プロセス
甲第22号 2009/5/14 大西 佑治
(おおにし ゆうじ)
美術
(油画)
ghost painting -不確定な形態による絵画表現の可能性-
甲第23号 2009/5/14 北本 真隆
(きたもと まさたか)
美術
(油画)
絵画の現前 -油彩画制作考察-
甲第24号 2009/5/14 井上 大輔
(いのうえ だいすけ)
美術
(彫刻)
主観と客観のパラドックス -「こと」としての美術を目指して-
甲第25号 2009/5/14 安藤 絵美
(あんどう えみ)
工芸
(漆芸)
漆工技法による身体表現と装飾
甲第26号 2009/5/14 いけだ しょういち
(池田 晶一)
工芸
(陶磁)
「光と影」 -波とリズムによる陶造形の展開-
甲第27号 2009/5/14 藪内 公美
(やぶうち くみ)
工芸
(鍛金)
金属の存在/自己の存在 -叩く行為から生まれる表現-
甲第28号 2010/5/13 青木 千絵
(あおき ちえ)
工芸
(漆芸)
漆黒の闇の狭間でうごめくもの
甲第29号 2010/5/13 清水 香
(しみず かおり)
工芸
(陶磁)
土の流動体 -泥漿による生成と空間表現-
乙第30号 2010/5/13 黒川 雅之
(くろかわ まさゆき)
環境造形
(プロダクト)
「自己解剖/自己の作品と理論の解剖による普遍的美の探究」
甲第31号 2011/5/12 李 一烈
(い いるよる)
工芸
(陶磁)
陶造形における物質と現象 -加圧による表現を中心として-
甲第32号 2011/5/12 尹 興淳
(ゆん ふんすん)
環境造形
(プロダクト)
車いすユーザーの室内における移動具のデザイン -身体機能に制限のあるユーザーとのコラボレーションをとおして-
甲第33号 2013/5/9 伊藤 幸久
(いとう ゆきひさ)
美術
(彫刻)
感情の容れもの -陶の人体彫刻研究-
論文要旨・審査結果
博士論文
甲第34号 2013/5/9 中村 有希
(なかむら ゆき)
工芸
(漆芸)
<生命>を<つなぐ> -蒐集物と漆の接着性より生まれるもの-
論文要旨・審査結果
博士論文
甲第35号 2014/3/25 武田 雄介
(たけだ ゆうすけ)
美術
(油画)
アンビエント -条里空間と平滑空間-
論文要旨・審査結果
博士論文
甲第36号 2015/3/25 宮田 義廣
(みやた よしひろ)
美術
(油画)
風景の変容 -絵画における行為性と記憶の問題-
論文要旨・審査結果
博士論文
甲第37号 2015/3/25 岡 知代
(おか ともよ)
工芸
(漆芸)
重層装飾論 -漆の透過性を活かした重層的な装飾表現-
論文要旨・審査結果
博士論文
甲第38号 2015/3/25 楊 立山
(やん りっさん)
工芸
(漆芸)
混沌 -私の漆造形表現と古代中国における身体思想-
論文要旨・審査結果
博士論文
甲第39号 2016/3/25 清水 恭平
(しみず きょうへい)
美術
(油画)
実在性の喚起と不在 -絵画におけるリアリティ-
論文要旨・審査結果
博士論文
甲第40号 2016/3/25 出和 絵理
(でわ えり)
工芸
(陶磁)
いのりのかたち -薄白の磁板による自己感覚の構築-
論文要旨・審査結果
博士論文
甲第41号 2016/3/25 森岡 希世子
(もりおか きよこ)
工芸
(陶磁)
光の呼吸 -透光性磁土を素材とした器表現-
論文要旨・審査結果
博士論文

シラバス

(D1)博士後期課程全研究領域共通科目


教員紹介

美術工芸専攻

  • 教授青柳 りさ
  • 教授大谷 正幸
  • 教授大森 啓
  • 教授神谷 佳男
  • 教授桑村 佐和子
  • 教授小松﨑 拓男
  • 教授坂本 英之
  • 教授佐藤 俊介
  • 教授高橋 明彦
  • 教授田中 信行
  • 教授中瀬 康志
  • 教授仁志出 龍司
  • 教授原 智
  • 教授松崎 十朗
  • 教授真鍋 淳朗
  • 教授三浦 賢治
  • 教授村中 稔
  • 教授保井 亜弓
  • 教授安島 諭
  • 教授山崎 剛
  • 教授山村 慎哉
  • 教授山本 健史
  • 教授横山 勝彦
  • 准教授荒木 恵信
  • 准教授岩崎 純
  • 准教授鈴木 浩之
  • 准教授高橋 治希
  • 准教授荷方 邦夫
  • 准教授水野 さや
  • 准教授よしだ ぎょうこ
  • 講師星野 太
  • 助教青木 千絵
  • 助教藪内 公美

授業内容

PAGE TOP