よくある質問FAQ

学部入試について

Q.01

一般入試の個別学力検査等の教科・科目等の中で、油画専攻実技試験Ⅱは、「油彩又はアクリル」、彫刻専攻実技試験Ⅰは「木炭又は鉛筆デッサン」とあるが、これはどちらかを選択するということか?併用して良いということか?

A

「油彩又はアクリル」の併用も可能です。(油画) 木炭及び鉛筆の単独使用又は併用使用どちらの受験でも可能です。(彫刻)

Q.02

芸術学の一般入試で小論文を選択した場合、実技を全く見ないで入学するという事もあると思うが、その場合は実技に差がついていて、入学後不安があるのだが?

A

選抜した以上は大学側が責任を持って一人一人の個性や能力に応じて指導します。これはどの専攻でも同じことが言えます。

Q.03

一般入試のセンター試験について、国語と外国語以外の選択科目は、大学入試センター試験において最高得点を得た1科目の成績を採用する、とあるがセンター試験では最高3教科満点で600点と言うことか?

A

本学一般入試のセンター試験で得点に採用するのは3教科・3科目です。それ以上の受験も可能ですが、国語と外国語が必須科目で残りの1科目は、国語と外国語以外の受験科目のうち最高得点の科目の点数のみを採用します。ただし、地理歴史、公民及び理科において2科目受験した場合は、第1解答科目の成績を採用し、判定の対象とします。外国語で英語を選択した場合は、リスニングの点数も含み200点満点に換算します。

Q.04

入試では学科と実技、どちらを重視するのか?

A

どちらも重視していますが、例えば、日本画、油画、彫刻、デザイン3専攻でいうと、学科(センター試験)が600点で、実技試験Ⅰ、Ⅱそれぞれ700点ずつの配点なので、単純計算で3対7の比率となります。工芸だと、実技が500点ずつなので3対5です。この比率が各科・専攻の重視の度合いになります。

Q.05

実技だけのボーダーライン、センター試験だけのボーダーラインはあるのか?

A

原則として総合点で判断します。本学では、センター試験を受けていれば全員が実技試験を受けられます。ただし、実技試験Ⅰから実技試験Ⅱの時にご存知の通り、絞込みを行ないます。それで実技試験Ⅱを受けていただいて採点し、総合点で順位が決まります。

Q.06

だいたいどの位の点数を取れば安全圏なのか?

A

それは申し訳ありません、公表していません。実技の場合では、次の年と同じように単純に比較できるものではありません。センター試験のような評価とは違います。そのあたりをご理解ください。

Q.07

学校で、センター試験において、専攻によって目指す点数が違うと言われるが、そういう事はあるのか?

A

センター試験の点数での足切りという意味では、そういう事はありません。センター試験と実技試験の比率については、3対7や3対5であるので、専攻によって違います。そういう意味では目指す点数は違ってくるのかもしれません。同じ比率の専攻ということであれば、受験倍率での影響があるかと思います。

Q.08

センター試験の得点の扱いで、県内と県外とで扱いが違うと聞いたのだが?

A

県内、県外は全く関係なく取り扱っています。

Q.09

実技の試験ではどういう所を重視して選抜するのか?

A

毎年10月に、その年度の一般入試募集要項を発表しています。その中に採点・評価基準を各科・専攻ごとに記載しています。そちらをご参照ください。

学部推薦入試について

Q.01

推薦入学の出願要件に「学業成績が優秀な者」とあるが5段階評定の平均でどれくらいか?

A

数値的な明示の規定はありません。学校長が成績優秀で本学の要件に合致すると判断し、推薦するということであれば、それが優秀だということです。

Q.02

学科の成績は考えないという事なのか?

A

評価は総合的に判断しますので、学科も実技も両方含めて優秀であるという事が必要となります。現在は、芸術学専攻とデザイン科、工芸科について推薦入試を行っていますが、これは特別選抜なので、一般選抜とは違う形で、能力・資質のある人に門戸を開きたいという事であります。

Q.03

デザイン科の推薦入試において、作品写真提出は、授業の過程で制作した作品5点以内とあるが、デッサンが何枚とか決まりはあるのか?

A

決まりはありません。芸術学専攻ではデッサンを含むとなっていますが、デザイン科ではそういう規定はありません。立体の作品のみの提出でも構いません。

Q.04

各科・専攻において、推薦入学のある・なしの区分はどういう考えでなされているのか?

A

基本的には各科・専攻でどういう学生を育てたいか、それによってどういう試験を行うかという意向を受けたうえで、学内で検討し、決定しています。

編入・転科について

Q.01

金沢美術工芸大学に合格せず、他の大学に合格した時に編入できるのか?

A

本学には編入学制度はありますが、近年実績はありません。改めて一年次から入学した場合は、他大学で認定された単位を、一定の範囲内で本学の単位として認めています。ただし、在学期間の短縮はありません。

Q.02

例えばデザイン科に入学し、途中で各科・専攻を移籍することは可能か?

A

転科又は専攻を変える制度はありません。本学では4年間を通じて学生を育てたいという考え方があります。自分の適性を見極めることは難しいでしょうが、例えば学部から大学院に進む時に別の専攻を選ぶことでの進路変更は可能です。

授業内容・福利厚生・就職関連

Q.01

奨学金において色々種類があると聞いたが、具体的にどのような種類のものがあるのか?

A

様々な機関が取り扱っているものがあり、本学の学生の多くは、日本学生支援機構に申請しています。内容としては、利子の付くもの、付かないものなどがあります。新入生においては、約3人に1人の割合で日本学生支援機構から奨学金を受けています。

Q.02

学生寮はあるのか?または安くて安全な宿舎を紹介することはあるのか?

A

大学独自の学生寮はありませんが、大学周辺にはたくさんのアパート等があります。昔からの大学ということもあり、非常に手ごろな価格にて住宅を提供して頂いています。アパ-トで言えば8畳一間バス・トイレ付きで3万円台からあります。制作系の学生は、一軒家を数人で借りているケースもあります。また、大学から物件や業者の紹介はしておりません。大学事務局にアパート情報のファイルがありますので、そちらをご覧ください。

Q.03

学生は年に何回位の頻度で外国にいくことができるのか?

A

スウェーデンのイエーテボリ大学ヴァランド芸術学院、ベルギーのゲント王立美術アカデミー、フランスのナンシー国立高等美術学校、中国の清華大学美術学院という大学と、学生の交換留学を毎年行なっています。もう一つは金沢市がフランスのナンシー市と姉妹都市提携を結んでおり、金沢市の大学とナンシー市の大学とで学生の交換を行なっています。金沢市にはいくつもの大学があり、選考となりますが、本学から選ばれる頻度は高いです。

Q.04

交換留学等の選抜方法はどうなっているのか?

A

本学独自の留学の選抜は学内で審査します。毎回応募が多くだいたい12~3人で、選ばれるのはそのうち約2名になります。内容としては、面接(ポートフォリオによる作品説明、語学等)により選抜されます。また、大学院生や卒業直後の学生の中にはロータリー財団の奨学金を得て、留学する人もいます。各国政府が奨学金を出しています。ベルギーやイタリアなどの試験を受けて留学している学生もいます。

Q.05

OBとの交流の場にはどのようなものがあるのか?

A

各科・専攻により様々な形はありますが、デザイン科の場合、OBを訪ねて企業見学会を行っています。また、大学同窓会と現役学生が共に行う活動も多くあり、先輩後輩の結びつきが強く、公私共々の交流があります。

Q.06

帰国生徒(帰国子女)の制度はあるのか?

A

特別に帰国生徒対象の入試は行っていません。他の受験生と同じく一般入試ならば、センター試験から受験してもらうこととなります。

Q.07

工芸科では、過程の前半部分は造形基礎、後半部分は陶芸、漆・木工、金工、染織に分かれるとあるが、一つに絞らなければならないのか?

A

基本的には、一年次にすべての素材を経験し、二年次に一つのコースに決めることになります。例えば、漆を選べば、漆に入る、陶磁を選べば陶磁に入る、漆と陶磁を両方選択することは現時点では無理だと考えてください。

Q.08

就職先や雇用してくれる会社が極端に少ないとか、卒業生が会社に入る意思があっても入れないで残っているということはあるのか?

A

まず本学の場合、各科それぞれに特徴があり、美術科や工芸科の学生は、作家、教員、学芸員志望が多いので、通常の意味で企業への就職を考える学生は少ないです。そのためこの質問においては、デザイン科があてはまると思われます。 デザイン科ではもともと社会と直結した分野を4年間行なうので、就職が前提になっていることが多いです。そういう点では就職率は他大学に比べても高いと思っています。もちろん中には希望通りいかず、苦労している人もいるかもしれません。また就職だけでなく、他に進路をとるとか、本学の大学院へ進むという人もいます。もちろん、美術科や工芸科にも就職希望の学生は、いますので、そういう学生にも丁寧に対応する体制をとっています。美術系の大学だからこそ、かなり多様な進路をとることが可能です。

Q.09

運動場はあるのか?またクラブ活動で運動するクラブはあるか?

A

あまり広くありませんが運動場はあります。運動系のクラブでは、野球部、ラクビー部、硬式テニス部、サッカー部、バレーボール部、バスケットボール部、バドミントン部、剣道部、山岳部などが活動しています。体育系、文化系のクラブがそれぞれ10クラブ程度あります。また東京芸大、愛知県立芸大、京都市立芸大、沖縄芸大、本学とで五芸祭という交歓会が毎年行われており、スポーツや文化交流を行っています。入学してから同好会のようなものを自発的に作ることも可能です。もちろん大学全体の方針や秩序の中での活動が当然ですが、その中でなら大学は積極的に援助しています。

Q.10

どんなクラブ(部活)がありますか?

A

体育系のクラブでは、野球部、ラクビー部、硬式テニス部など9クラブ、文化系のクラブでは、劇団べれゑ、軽音楽部、茶道部など19クラブがあります。また、東京芸大、愛知県立芸大、京都市立芸大、沖縄芸大、本学とで「五芸祭」という交歓会が毎年行われており、スポーツや文化交流を行っています。入学してから同好会のようなものを自発的に作ることも可能です。もちろん、大学全体の方針や秩序の中での活動が当然ですが、その中でなら大学は積極的に援助しています。

PAGE TOP