一覧へ戻る

教員紹介FACULTY INTRODUCTION

水野 さやみずの さや


所属/担当
芸術学 大学院修士課程(芸術学専攻) 大学院博士後期課程(美術工芸専攻)
学歴/経歴
金沢美術工芸大学(芸術学専攻)卒業,名古屋大学大学院文学研究科(美学・美術史)博士後期課程修了,日本学術振興会特別研究員(PD),大東文化大学国際関係学部(准教授)
学位
博士(文学)
専門分野
・日本・東洋美術史,仏教美術史 ・日本を含む東アジアをフィールドとした仏教美術の研究
主な業績

・『韓国の国宝』,河出書房新社,2011年

・「韓国の薬師如来像の手印について―
  いわゆる智吉祥印を結ぶ作例の紹介をかねて―」,
  真鍋俊照編著『密教美術と歴史文化』,法蔵館,2011年

・「中国・遼寧省におけるいわゆる遼塔の
 第一層塔身浮彫尊像に関する調査報告」,
 『金沢美術工芸大学紀要』55号,2011年

・「中国陝西省延安市安塞県樊庄石窟について
 ―陝北地方における北宋の石窟造営とその背景に関する
 てがかりとして―」,『密教図像』27号,密教図像学会,2008年

・「興福寺の脱活乾漆造八部衆像について
 ―中国・韓国の作例からみた図像的位置づけ―」,
 『汎アジアの仏教美術』,中央公論美術出版,2007年

・「ホーチミン市歴史博物館所蔵のクメール彫刻
 -アンコール期の作例を中心に-」,
 『大東文化大学紀要』〈人文科学〉44,2006年

・「慶州南山茸長渓法堂谷寺址出土の石造如来坐像について」,
 『マンダラの諸相と文化』下,法蔵館,2005年

・「バイヨン寺院の尊顔をめぐる諸問題」,
 『佛教藝術』274,2004年
 (『バイヨン寺院全域の保存修復のためのマスタープラン』
 中川武監修,日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA)・
 財団法人日本国際協力センター(JICE),2005に一部加筆のうえ採録)

学外活動

所属学会
 美術史学会会員,美学会,密教図像学会

オフィスアワー
水曜日 17:20~18:20
PAGE TOP