一覧へ戻る

教員紹介FACULTY INTRODUCTION

大高 亨おおたか とおる


所属/担当
工芸 大学院修士課程(工芸専攻) 大学院博士後期課程(美術工芸専攻)
生年
1964 年
学歴/経歴
武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業/(株)川島織物(現、川島織物セルコン)企画開発勤務/フリーランスデザイナー/元 京都造形芸術大学准教授
学位
芸術学士
専門分野
テキスタイルアート、テキスタイルデザイン
主な業績

・TEXTILE05-KAUNAS ART BIENNAL.
(2005、リトアニア)
・INTERNATIONAL TEXTILE TRIENNAL EXHIBITION
  TOUNAL. (2005、ベルギー)
・国際テキスタイルミニアチュールトリエンナーレ
 (2006、フランス)などに招待出品。
・第15回ウッジタピストリートリエンナーレ、
 国立ウッジ染織中央美術館賞メダル(2016、ポーランド)

国内外の多くの企画展に出品。個展内外35回開催。
フリーランスデザイナーとしてラグカーペット、自動車用シート地、幼稚園講堂の緞帳、カーテンなどをデザイン。

著書等として、
(株)角川書店、美と創作シリーズ「織を学ぶ」の二重織、組織をいかした制作を執筆。他、西陣織物研究会「おりもの」、(株)染織と生活社の月刊染織αなど。

アドバイザーとして、韓国(株)DUAL、滋賀県湖東繊維工業組合、滋賀県東北部工業技術センター、(株)あざみ屋などで指導、講義等を行う。

学外活動

・一般社団法人日本テキスタイルデザイン協会理事
・日本テキスタイルカウンシル会員

その他

テキスタイルデザイン、織物を専門領域としています。
制作としては、デジタル紋織物の作品を中心に制作しています。

個人のホームページ
https://www.to-tex.net/
オフィスアワー
火・水曜日 13:00~15:00
PAGE TOP