サイトマップアクセスリンク教職員専用お問い合わせEnglish

 

HOME大学概要学部・大学院入学案内学生生活・就職社会連携国際交流美術工芸研究所附属図書館


 

HOME >> 社会連携[トップページ]

社会連携


人に夢を。地域に活力を。ビジネスに未来を。

金沢美大の創造力を、あなたの事業にお役立てください。

金沢美術工芸大学では、社会連携センターを拠点に、広く企業や研究機関・公共団体などとの連携活動を推進しています。

理 念

金沢美術工芸大学は社会貢献を、教育と研究に並ぶ大学の使命と位置づけ、地域連携・産学連携を通して積極的に社会貢献を行います。
1. 本学の持つ美術工芸分野の専門知識や技術、社会連携で得られた成果を広く社会に還元します。
2. 地域の産業と積極的に連携を図り、地域社会の活性化に貢献します。
3. 社会との連携活動を体験することで、より実践的に社会に寄与できる人材を育成します。

活動体制

本学の社会連携センターは、地域連携部門、産学連携部門、知財管理部門で構成されています。
 社会連携センター長 寺井 剛敏 教授

地域連携部門
本学のもつ人的資源やノウハウを活用し、地域社会や市民生活に対する芸術文化貢献事業などを通し、グローバルな視点を持ちながら地域の課題解決に取り組んでいます。
 地域連携部門長 河崎 圭吾 教授  特任研究員 古場田 良郎

産学連携部門
地域産業や伝統文化の発展のため、企業、組合団体、他大学、研究機関、国や自治体などと連携し、新しい価値を創出する研究開発や、新たな産業・事業の振興を目指しています。
 産学連携部門長 浅野 隆 教授  特任研究員 古場田 良郎

知財管理部門
大学で生まれた知的財産権の管理、活用や戦略立案、知的財産権を通じた社会との連携促進まで、産業界や地域社会と一体となって各連携部門の活動を支援、推進しています。
 知財管理部門長 村中 稔 教授  特任研究員 古場田 良郎



研究制度
1. 共同研究
企業や教育機関より研究者・研究経費等を受け入れ、共通の課題について対等な立場で研究を行う制度
2. 受託研究
企業等から委託を受け、委託者の負担する経費で研究を行い、その成果を委託者に報告する制度
テーマの規模や内容、状況に応じて、様々な研究方法・スタイルを準備しています。詳細はお問い合わせください。

研究体制
1.プロジェクト型(課外活動型)
教員の指導により研究を推進。学生の新しい視点での発想、現実性の高い成果が期待できます。
2. プロフェッショナル型
教員との研究。ハイレベルで実践的な研究成果が期待できます。

活動の流れ

以下のような、求められる課題や相談に対し、よりよき成果をめざして、確かな体制と綿密プロセスをベースに研究を進めています。
■ 商品の企画・開発にデザインを利用したい
■ CI・ブランド開発にデザインを活用したい
■ マーケティングにデザインを活用したい
■ 店舗・施設の開発にデザインを活用したい
■ 伝統工芸の専門技術を商品開発に活用したい
■ 美術(芸術)分野の専門知識を商品開発に活用したい

1. 打ち合わせ

研究内容について事前の打合わせ
・研究目的・研究体制・研究方法・研究期間・研究予算・研究成果予測・その他事務手続き など

2. 見積もり

研究計画に基づいて積算
・経費明細・支払条件等

3. 契約締結

本学の研究委託契約書に基づいて締結
・知的財産権の取扱い・研究成果の公表時期・機密保持に関する取り決め など
  PDF file研究委託申込書 (PDFファイル 88KB)
  PDF file研究委託契約書 (PDFファイル 251KB)

4. 研究実施

テーマや規模に応じて、本学独自の体制研究を推進
・オリエンテーション・調査・研究・デザイン制作 ・プレゼンテーション・試作・製品化 など
事例に応じた研究内容をご用意できます。

5. 研究完了

研究完了時に研究成果を報告
・研究成果報告書の作成・特許等の出願・契約等の締結

活動領域

美術・工芸・デザインから芸術学まで、本学に蓄積された有形無形の資産をベースに、気鋭のプロフェッショナル達がハイレベルの研究活動を推進します。
本学の教員は、それぞれが独立したプロの作家、デザイナー、研究者です。活躍する分野はもちろん、年齢、経歴、ネットワークも様々な人材が、才能にあふれる学生たちとともに連携事業の研究活動を推進します。
美術系
日本画 / 油画 / 彫刻 / 芸術学
デザイン系
視覚デザイン / 製品デザイン /環境デザイン / ファッションデザイン
工芸系
陶磁 / 漆・木工 /鋳金・彫鍛金 / 染・織
専門領域分野
ヴィジュアルコミュニケーション / 広告デザイン / サインデザイン / 映像・メディアデザイン / Web デザイン / パッケージデザイン / ユニバーサルデザイン / インターフェイスデザイン / 情報機器デザイン / 輸送機器デザイン / 家具デザイン / 生活関連用品デザイン / 都市計画デザイン / 建築デザイン / インテリアデザイン / ディスプレイデザイン / ランドスケープデザイン / ファッションデザイン / テキスタイルデザイン / 陶芸 / 漆芸 / 木工 / 彫鍛金 / 鋳金 / 染織 / モニュメント / 壁画 / 材料・修復

地域連携の事例

 本学のもつ人的資源やノウハウを活用し、地域社会や市民生活に対する芸術文化貢献事業などを通し、グローバルな視点を持ちながら地域の課題解決に取り組んでいます。

地域連携イメージ 地域連携イメージ

平成27年度

PDF file社会連携研究成果報告書 2015(PDFファイル 7.1MB)
    

平成26年度

PDF file社会連携研究成果報告書 2014(PDFファイル 3.7MB)

     

平成25年度

     

平成24年度以前

PDF file社会連携研究成果報告書 2007-2012 (PDFファイル 87.4MB)





産学連携の事例

 地域産業や伝統文化の発展のため、企業、組合団体、他大学、研究機関、国や自治体などと連携し、新しい価値を創出する研究開発や、新たな産業・事業の振興を目指しています。
産学連携イメージ 産学連携イメージ

平成27年度研究実績

PDF file社会連携研究成果報告書 2015 (PDFファイル 7.1MB)

    

平成26年度研究実績

PDF file社会連携研究成果報告書 2014 (PDFファイル 3.7MB)

    

平成25年度研究実績

      
PDF fileメガネフレーム、サングラス、老眼鏡などのデザイン開発 (PDFファイル 1.57MB)
PDF file真空成形の魅力を最大限に活かした新デザインの提案 (PDFファイル 1.05MB)
PDF file珪藻土バスマットのパターンデザインの提案 (PDFファイル 1.03MB)
PDF fileこれからの通信販売用パッケージデザイン (PDFファイル 947KB)
PDF file「テラマック」を用いたプロダクツの提案 (PDFファイル 1.00MB)
PDF file新しいロードベストの在り方 (PDFファイル 870KB)
PDF file北陸新幹線用車内販売ワゴンのデザイン・製品開発 (PDFファイル 906KB)
PDF file「金沢の水」クラフト手まり シュリンクラベル等の新デザイン (PDFファイル 1.51MB)
PDF file各車型チームによる新しい内装デザインの提案 (PDFファイル 1.23MB)
PDF file素材を意識した新しい加飾提案 (PDFファイル 1.14MB)

      

平成24年度以前研究実績

PDF file社会連携研究成果報告書 2007-2012 (PDFファイル 87.4MB)


教育の実践と特色
学長のメッセージ
大学の組織と教員構成
教職員リスト
環境と交通
映像で見るキャンパス
日本画
油画
彫刻
芸術学
視覚デザイン
製品デザイン
環境デザイン
工芸
共通造形センター
一般教育等
教員紹介
授業内容
修士課程
博士後期課程
  大学院・修士課程
絵画専攻
彫刻専攻
芸術学専攻
  工芸専攻
デザイン専攻
教員紹介
  研究領域の特色
授業内容
教員紹介
美術工芸研究所
所蔵品
附属図書館のトップページ
附属図書館
蔵書検索
国際交流
就職情報
主な進路
入学情報のトップページ
学部入試一般選抜
学部入試推薦入学
大学院入試

科目等履修生・
伝統工芸聴講生
学生生活のトップページ
キャンパス施設紹介
映像で見るキャンパス
キャンパスライフ

学生相談室
保健だより
オフィスアワー
地域連携・生涯学習のトップページ
市民工房
夏の子どもワークショップ
夏休み一日美大生
映像メディア講座
ギャラリーのトップページ
 
リンク