一覧へ戻る

教員紹介FACULTY INTRODUCTION

デイビッド・ブルースターDavid BREWSTER

デイビッド・ブルースター

所属/担当

一般教育等

生年
1989年
学位
博士(社会科学)
専門分野
犯罪社会学
学歴/経歴
(学歴)
西イングランド大学 高等教育における教育と学習(大学院の証明書)修了(2017)
カーディフ大学社会科学部 博士課程修了(2016)
カーディフ大学社会科学部 社会科学調査方法専攻 修士課程修了(2011)
カーディフ大学社会科学部 犯罪学専攻 学士課程修了(2010)

(経歴)
金沢美術工芸大学 講師(2021−現在)
龍谷大学犯罪学研究センター 博士研究員(2017−2021)
西イングランド大学(イギリス) 講師(2016−2017)
サウスウェールズ大学(イギリス) 博士研究員(2014−2015)
カーディフ大学(イギリス) 非常勤講師(2012−2015)
主な業績

(学術論文)
・Brewster, D. (2020)『Negotiating the family order and the initiation of methamphetamine use in Japan』Criminology & Criminal Justice、オンライン・ファースト:https://doi.org/10.1177/1748895820971711.
・Brewster, D. (2020)『Not wired up? The neuroscientific turn in Youth to Adult (Y2A) transitions policy』Youth Justice 20巻3号pp. 215-234.
・Brewster, D. (2020)『Crime control in Japan: Exceptional, convergent or what else?』 The British Journal of Criminology 60巻6号 pp. 1547-1566.
・Brewster, D.とJones, R. (2019)『Distinctly divergent or hanging onto English coat-tails? Drug policy in post-devolution Wales』Criminology & Criminal Justice 19巻3号pp. 364-381.
・Brewster, D. (2018)『A critical assessment of indications of the national prevalence of illegal drug use in Japan』Contemporary Drug Problems 45巻4号pp. 425-440.
・Brewster, D. (2018)『The structured ambivalence of cannabis control in England & Wales』International Journal of Drug Policy 53巻pp. 125-132.
・Brewster, D. (2017)『Culture(s) of control: Political dynamics in cannabis policy in England & Wales and the Netherlands』European Journal of Criminology 14巻5号pp. 566-585.
 
(口頭発表)
2021年 『Japanese Culture(s) of Illegal Drug Control: A Q-sort of Practitioners』単独 第12回アジア犯罪学会大会(於 京都・龍谷大学)
2019年 『Drug Treatment in Japan: An Overview』単独 国際薬物政策研究学会大会の第1回アアジア地域学会(於 香港大学)
2019年 『The Dispositions and Tendencies of Drug Treatment in Japan』単独 第11回アジア犯罪学会大会(於 セダ・アヤラセンター)
2019年 『Migattena Ponchu (The Selfish Drug Addict)? Culturing Responses to Illegal Drug Use in Japan』単独 第13回国際薬物政策研究学会大会(於 Paris School of Economics)
2018年 『The Containment of Marginalised Others in Contemporary Japan』単独 第18回ヨーロッパ犯罪学会大会(於 サラエボ大学)
2018年 『The Techniques and Strategies of Drug Abuse Control in Japan』単独 第12回国際薬物政策研究学会大会(於 サイモン・フレーザー大学)
2016年 『Youth-to-Adult Transitions: Policy Problems and Problematic Policies』単独 第16回ヨーロッパ犯罪学会大会(於 ミュンスター大学)
2015年 『Comparing Cannabis Control: Convergence and Divergence in England & Wales and the Netherlands』単独 英国犯罪学会大会(於 プリマス大学)
2014年 『Political Polemics and Drugs Debacles: Comparing the Cannabis Policy Process in England & Wales and the Netherlands』単独 第8回国際薬物政策研究学会大会(於 CNRセンター)
2013年 『Comparing Cannabis Control: Policy ‘Talk’ and ‘Decisions’ in England & Wales and the Netherlands』単独 第13回ヨーロッパ犯罪学会大会(於 エルテ大学)

学外活動

犯罪社会学会 渉外広報委員会 委員
犯罪・非行を研究する若手研究者ネットワーク 共同創設者・理事
International Society for the Study of Drug Policy 会員
Asian Criminological Society 会員

その他

香港大学犯罪学センター 名誉研究員
龍谷大学犯罪学研究センター 嘱託研究員

個人のホームページ
http://www.hanzaigaku.com
PAGE TOP