一覧へ戻る

教員紹介FACULTY INTRODUCTION

荷方 邦夫にかた くにお


所属/担当
一般教育等 大学院美術工芸研究科
生年
1972 年
学歴/経歴
筑波大学博士課程 心理学研究科 単位取得退学(2002)
学位
博士(心理学)2006年(筑波大学)
専門分野
認知心理学・教育心理学 ・問題解決における知識の獲得・形成と利用(特に類推的 問題解決における知識獲得、知識情報処理) ・理解や学習における図表の利用とその認知的メカニズム ・テレビゲームに関わる心理学研究(特に学習・熟達) ・道具と人間の関わり、ヒューマンインターフェース ヒ ューマンエラー(医療・システム制御など) ・学習指導の技術・学習の諸相
主な業績

(著書)
・荷方邦夫 2013a 心を動かすデザインの秘密 実務教育出版
・荷方邦夫 2013b 学習(服部・外山編 スタンダード教育心理学 p27-43.)
・荷方邦夫(服部監修,越智らと共著)2011 心理学の「現在」がわかるブッ
 クガイド 実務教育出版
・荷方邦夫(服部監修,安齋と共編著)2009「使える」教育心理学 北樹出版
(序章第3節:研究の方法 第3章:学習指導と教育工学
 第5章:教育評価 コラムを執筆)
・荷方邦夫 2008a 問題解決と推理
(多鹿編 学習心理学の最前線  p86-97.)あいり出版
・荷方邦夫 2007a 思考/言語(安西編 あたりまえの心理学)文化書房博文社
・荷方邦夫 2007b 日常の中の認知
(安西編 あたりまえの心理学)文化書房博文社
・荷方邦夫 2007c ヒューマン・エラー(2) アクション・スリップ
(大野木・宮沢・二宮編 調査実験 自分でできる心理学 p60-63.)ナカニシヤ出版
・荷方邦夫 2002 テレビゲーム(山本・高橋編 メディア心理学入門 第9章)
 127-139 学文社
(辞典項目執筆,翻訳)
・藤永・仲(監修) 2004 心理学辞典(測定・評価の項目) 丸善

(その他の著述)
・荷方邦夫 2009b 特集「リテラシーの心理学」刊行にあたって
 読書科学,52 ,1-2.
・荷方邦夫 2008 テレビ(電子)ゲームの変遷とその魅力がもたらしたもの
(児童心理 2008年2月号) 金子書房 30-36.

(論文:査読付き 筆頭著者)

・荷方邦夫 2009 情報の理解を促す知識の性質とその獲得
 ―知識の利用可能性に関する研究― 読書科学,52 , 27-34.
・荷方邦夫 2007 推論 児童心理学の進歩2007年度版 39-61.
・荷方邦夫 2006 利用可能性の高い知識の性質とその獲得支援
 ―類推的問題解決による検討― 筑波大学博士学位論文(未公刊)
・荷方邦夫・島田英昭 2005 類題作成経験が類推的問題解決に与える効果
 教育心理学研究, 53, 381-392.
・荷方邦夫・岩槻恵子・皆川順・山本博樹・吉田哲也 2004 認知心理学から
 考える 理解・学習における図・視覚的表象の役割 教育心理学フォーラム
 レポート(FR-2004-04) 日本教育心理学会 
・荷方邦夫 2001 図を伴う問題の理解が類推的問題解決に及ぼす効果
 読書科学,45 , 77-84.

(論文:査読なし 筆頭著者)

・荷方邦夫 2015 美術科教員の職業適応プロセス : ライフヒストリー・イン
 タビューにもとづく質的検討 ー心理学に基づいた研究の可能性ー
 金沢美術工芸大学紀要, 59, 105-114.
・荷方邦夫・城崎 英明・川上 明孝 2012 金沢美術工芸大学における新しい
 学生支援 ー支援体制の研究と学生健康調査(UPI)の実施結果報告ー
 金沢美術工芸大学紀要, 56, 11-19,
・荷方邦夫 2011 経験価値デザインとは何か
 ー心理学に基づいた研究の可能性ー 金沢美術工芸大学紀要55,103-110,
・荷方邦夫・海保博之 2001 類推における領域間転移と検索の非対称性
 筑波大学心理学研究,23,67-74.
・荷方邦夫・海保博之 1998 問題解決支援における制約がもたらす知識の
 道具性 筑波大学心理学研究,20,69-75 .

(論文:査読付き 筆頭以外)

・片平建史・武藤和仁・李奈栄・飛谷謙介・白岩史・中島加惠・長田典子・
 岸野文郎・山本倫也・河崎圭吾・荷方邦夫・浅野隆 (accepted). 3 次元造形
 物体の感性評価における主要因子, 日本感性工学会論文誌, 15(4).
・島田英昭・荷方邦夫・鈴木俊太郎  2011 SD法を用いた授業満足度の感性
 評価. 信州大学教育学部研究論集, (4), 39-46,
・鈴木俊太郎・島田英昭・荷方邦夫・田中敏・上村惠津子 2011 信州大学
 教育学部における授業評価要因の検討. 信州大学教育学部研究論集, 4, 87-97.

(国際会議 Proceeding:査読付き)

・Nikata, K., Inomata, K., Lee, N., & Nagata, N. (2016). Narrative and
 meaning as cognitive foundation of design. The 2nd International
 Conference on Digital Fabrication (ICDF2016), No.16, Tokyo, Japan.
・同型課題間の質的差異が類推的問題(第2回認知科学国際会議/日本認知科学
 会第16回大会合同会議発表論文集 862-865)

(国際会議 Proceeding:査読付き 筆頭以外)

・Lee, N., Inomata, K., Nikata, N., & Nagata, N. (2016). Supporting
 method by presenting motifs and hints in designs of artifacts. The
 2nd International Conference on DigitalFabrication (ICDF2016),
 No.32, Tokyo, Japan.
・Nakajima, K., Lee, N., Tobitani, K., Katahira, K., Nagata, N., Shiraiwa,
 A., Nikata, K., Arakawa, K., Ishii, K., Tsukiyama, F., & Kobayashi, S. 
 (2016). Modeling of “High-Class Feeling” on a cosmetic package design.
 Proc. 22nd Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision
  (FCV2016), 319-324.
・Katahira, K., Muto, K., Lee, N., Tobitani, K., Shiraiwa, A., Nakajima, K.,
 Nagata, N., Kishino, F., Yamamoto, M., Kawasaki, K., Nikata, K., &
 Asano, T. (2015). Visual Impression: The Factorial Structure of
 Subjective Evaluation of Generic 3-Dimensional Shape. International
 Convention of Psychological Science (ICPS) Program Book, X-030.
・Lee, N., Muto, K., Shiraiwa, A., Tobitani, K., Nakajima, K., Katahira, K.,
 Nagata, N., Kishino, F., Nikata, N., Arakawa, K., Ishii, K., Tsukiyama, F.,
 & Kobayashi, S. (2015). Product Value: Modeling the Relationship
 between "High-class Feeling" And A Product’S Physical Parameters.
 International Convention of Psychological Science (ICPS) Program
 Book, V-031.

学外活動

・栃木県立 農業大学校 非常勤講師(教育心理学 2000~2001)
・石川県立総合看護専門学校 非常勤講師(教育心理学・発達心理学 2002)
・金沢大学教育学部 非常勤講師(教育心理学研究法A・B 2003~,
 心理検査法 2005~2008,教育心理学B 2016〜)
・国立金沢病院附属看護専門学校 非常勤講師(認識論 2003~2008,
 心理学2009~)
・信州大学 教育学部 非常勤講師(現代社会と子どもの学習)

その他

・日本読書学会 常任編集委員(2006~2014)
        理事(兼編集委員)(2014~)
・北陸心理学会 編集委員(2014〜)
・日本認知科学会 運営委員(2016〜)
・財団法人 石川県教職員互助会 評議員(2008~)
・大学コンソーシアム石川 教員免許状更新制専門部会
 必修講座WG委員(2008~2011)
・大学コンソーシアム石川 教職員研修専門部会委員(2011~)

個人のホームページ
http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/k-nikata/
オフィスアワー
金曜日 16:00~17:00
PAGE TOP