一覧へ戻る

教員紹介FACULTY INTRODUCTION

田中 信行(たなか のぶゆき)Tanaka Nobuyuki

田中 信行

所属/担当

工芸
大学院修士課程(工芸専攻)
大学院博士後期課程(美術工芸専攻)

生年
1959 年
学位
芸術修士
専門分野
漆造形表現
学歴/経歴
東京芸術大学大学院美術研究科漆芸専攻修了
主な業績

■主な展覧会
2018-2019 「NOBUYUKI TANAKA―Urformen Primordial Memories―」
カイザースラウテルン美術館/ドイツ、ミュンスター漆美術館/ドイツ
■主な受賞
2003 第14回タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞受賞
2012 第18回MOA岡田茂吉賞大賞受賞

■主なパブリックコレクション
東京国立近代美術館、豊田市美術館、金沢21世紀美術館、森美術館、広島県立美術館、国際交流基金、豊田町香りの博物館、資生堂アートハウス、金沢卯辰山工芸工房、樂翠亭美術館、メトロポリタン美術館/アメリカ、ギッターイエレン財団/アメリカ、ブルックリン美術館/アメリカ、ミネアポリス美術館/アメリカ、セインズベリー・ビジュアルアーツ・センター/イギリス、ビクトリア&アルバート美術館/イギリス、グラッシー美術館/ドイツ、湖北省美術館/中国、フィラデルフィア美術館/アメリカ、カイザースラウテルン美術館/ドイツ、ミュンスター漆美術館/ドイツ

学外活動

卯辰山工芸工房講師(1999年~)、日本文化財漆協会理事(2000年~)、日本漆工協会会員 (1996年~)、漆を科学する会会員(2000年~)、金沢市工芸協会会員(2004年~)、金沢市漆芸協会理事(2006年~)、第25、26回朝日現代クラフト展審査委員(2007、2008年)、伊丹国際クラフト展審査委員(2012年)、文部科学省大学設置・学校法人審議会専門委員(2012年~2016年)、国際漆展・石川審査員(2017年〜)、国際工芸アワードとやま審査員(2020年〜)

その他

■講演会及び講義、シンポジウム等
・京都造形芸術大学にて特別講義(平成16年)
・「アルス・ノーバー 現代美術と工芸のはざまに」シンポジウムにパネラーとして参加(東京都現代美術館 平成17年)
・広島市立大学にて特別講義(平成18年、27)
・韓国培材大学にて講演(平成19年)
・名古屋芸術大学にて特別講義(平成20年)
・東京藝術大学にて集中講義(平成22年)
・第一回湖北国際漆トリエンナーレ(中国 湖北省美術館)シンポジウムに参加
・東京工芸大学にて特別講義(平成24年)
・中国魯迅美術学院にて講演(平成25年)
・第4回跨湖嬌遺跡国際学術シンポジウムに参加(中国 跨湖嬌遺跡博物館 平成25年)
・多治見市陶磁器意匠研究所にて特別講義(平成26年)
・南京芸術学院特別講義(平成27年)
・中国美術学院特別講義(平成28年)

PAGE TOP