金沢美術工芸大学についてAbout us

イメージ

このまちで学ぶこと。手で考え、心でつくること。

学問を好み、伝統を愛してその歴史を紡いできたまち、金沢。工芸が今も生活の中に息づくこの地は、ものづくりのまちでもあります。金沢美術工芸大学は、戦後の困難な時代の中、人のつくる力を信じる金沢の市民が、その心でつくった大学です。この大学には、「手で考え、心でつくる」ということばがあります。ここで教鞭をとったある教員が残したこのことばは、ものをつくることが「つくりながら、試み、考える」ことであること、「心をこめて」行うことであることを教えてくれます。この大学で、たくさんの先輩たちが「つくりながら、試み、考える」ことを繰り返し、「心をこめて」作品をつくりあげ、世界へ飛び立っていきました。「手で考え、心でつくる」。今日も金沢美術工芸大学では、このことばのもとで、学生たちが学び、鍛錬を重ねています。ものをつくること、そしてものをつくることについて真剣に考えること。それを志すあなたの豊かな力になる時間が、ここにある。私たちは、そう信じています。

PAGE TOP