サイトマップアクセスリンク教職員専用お問い合わせEnglish

 

HOME大学概要学部・大学院入学案内学生生活・就職社会連携国際交流美術工芸研究所附属図書館



 

HOME >> 学部・大学院[トップページ]

学部・大学院


 学部・学科

日本画

日本画

創作精神と技術の育成
将来作家を目指す者の育成
美術・芸術分野の応用面に適応・貢献できる者の育成

油画

油画

造形美術における基本的理念を理解するとともに、高度な油彩画技法を指導し、各自の個性と感性を伸展させます。
新時代の芸術分野での活動を可能にさせる美術教育を目指して、将来の作家にふさわしい人材の育成に努めます。

彫刻

彫刻

自然観察により造形の基本を探り、美に対する洞察力を養います。様々な素材との対話をはかり、自己表現の可能性を追求します。造形表現に対する高度な技術と理論の深化に努めます。広く芸術領域、社会の中で活躍、貢献できる人材の育成を目指します。

芸術学

芸術学

理論と実践の芸術学
芸術における理論と実践を有機的に連携させ、造形技法に精通した美的感性と理論的思考力をはぐくみ、幅広く芸術分野の現場で活躍する人材の育成を目指しています。

視覚デザイン

視覚デザイン

“ヴィジュアル・コミュニケーションは世界で戦う平和な武器である”を合い言葉に、徹底したマンツーマン教育を実践しています。

製品デザイン

製品デザイン

社会的ニーズに応える広い視野を持ち、人とのコミュニケーション能力が高く、時代の風に敏感な造形力あふれるデザイナーを養成します。

環境デザイン

環境デザイン

空間デザイン領域を柱に造形力と専門知識を修得して社会に発信できるデザイナーを目指す。

工芸

工芸

現代の工芸は、その表現や解釈が多様化しており、将来に向けてますますその傾向が拡大発展する可能性を有する。
工芸科では各種の素材や伝統的技法を用いて、時代に即応した造形的表現へ柔軟に対応できる人材の育成を目指す。

基礎科目

基礎科目

理論と実技の両面から、専攻の枠を越えた全学的な授業を行い、幅広い視点に立った基礎能力を高めるとともに、様々な特色ある講義と創作活動の場を提供しています。

一般教育等

一般教育等

広い視野と教養から生まれる
自由な発想
想像力から創造力へ。

教員紹介授業内容(学部)シラバス(授業科目案内)大学パンフレット

 大学院(修士課程)

課程の特色

課程の特色

学部での専門教育を基礎とし、さらに広い視野に立って専門分野を深め、普遍的価値に通じる作品や研究を生み出す能力の育成、また広く芸術に関わる職業にふさわしい高度な技術と知識を身につけることを目的としています。

絵画

絵画

日本画コースでは、専門的かつ広い見識を深めると共に創造性に富んだ高度な内容の制作を積極的に研究します。
油画コースでは、個性と表現の確立を・レ指し・A現代の絵画表現に対応した教育研究を行います。

彫刻

彫刻

塑像、木彫、石彫、金属彫刻などを彫刻コースとして、インスタレーション、コンセプチュアルな創造、ジャンルを横断した造形等に対応する制作を環境彫刻コースとして設けています。

芸術学

芸術学

美学、日本美術史、東洋美術史、西洋美術史、工芸史の五つの研究分野に分かれ、それぞれの専門分野では演習・特講によって高度な専門研究を行っています。

工芸

工芸

陶磁、漆・木工、金工(鋳金・彫鍛金)、染・織の四コース、金工と染・織は、さらに二分野に分かれ、実質六専門分野で構成されており、技術的にも、造形的にも、より高度な研究ができるよう考慮されています。

デザイン

デザイン

視覚デザイン、製品デザイン、環境デザイン、ファッションデザインの四つのコースがあり、現代社会とデザインの諸テーマに則した演習が設けられています。

教員紹介 授業内容(修士)

 大学院(博士後期課程)

研究領域の特色

研究領域の特色

博士課程での勉学は、研究的な性質のものであって、比較的自由なカリキュラムのなかで、研究を深める時間が保証されており、それぞれが自主的に研究テーマを設定し、指導教員と相談して、学内外を研究の場とするものです。学生は、年齢的にも幅があり、国内外で活躍する作家、研究者でもあります。また、広く社会人・留学生を受け入れるた・゚に、特別科目等履修生の制度が整えられています。博士課程の修了者は、作家、デザイナー、研究者、さらには、大学等での美術教育の後継者として、高等教育に携わっていくことも大いに期待されています。

教員紹介授業内容(博士)