金沢美術工芸大学

新着情報TOPICS

学長メッセージ:新型コロナウイルス感染症への対応について(2021年9月30日)

2021年09月30日

学生のみなさんへ

金沢市を対象に国の「まん延防止等重点措置」が適用されていましたが、9月30日をもって解除されることとなりました。
しかし、今なおコロナ禍が収束したとは言えず、石川県では引き続き、県境をまたぐ移動の自粛、飲食の際の感染予防をはじめとする対策が求められています。

本学では、あらためて感染防止対策を徹底することを前提に、現状のまま、「金沢美術工芸大学の新型コロナウイルス感染症防止に関する活動指針」の警戒レベル「2」、《プランC》で教育等を実施し、下記の対応を取ることとします。

①授業は、原則として午前・午後ともに対面で実施します。

②学生の正課外の校舎使用を通常通り許可します。また、部活動における使用についても同様に、使用願の提出に基づき許可します。
※平日=17:30~21:00、土日祝=9:00~17:00

③美術工芸研究所ギャラリー、柳宗理記念デザイン研究所は、通常通り開室します。

なお、図書館、アートベース石引の利用の詳細は、KANABI-Portalに掲載します。

これまで同様に、高い意識を持って感染防止を徹底するよう、強く注意を喚起します。

■各自の安全確保と周囲への感染拡大防止のため、次の対策を徹底しましょう。
・地域医療を守り、自分と大切な家族や友人を守るために、「新しい生活様式の実践」「人と人との接触の回避」「感染リスクの高い場所の回避」を徹底すること。
・特に感染リスクの高い会食は控え、複数の人が空間を共有する場所では、お互いに黙って飲食し、常にマスク着用で会話すること。
・日常生活においても、周囲の人々に不安を抱かせない行動を心掛けること。
※他大学で部活動等によるクラスターが多発しており、活動する場合は感染予防対策の徹底の他、リスクの高い会食は厳禁とする。

■体温測定を含む「健康管理シート」への記録(毎日)を行い、
次の1~3の事態が発生した場合は、必ず、速やかに担任教員へ連絡してください。
1.新型コロナウイルス感染症に感染した場合
2.濃厚接触者に特定された場合
3.感染が疑われる症状があり医療機関を受診しPCR検査を受ける場合
授業を「公欠」の扱いとするなど、教育上の配慮を十分に行いますので、安心して大学を休み、2や3であっても自宅で待機し、速やかに担任教員へ連絡してください。
迅速な連絡が、周囲への感染拡大を防止するための初期対応において、極めて重要です。

■全国的にコロナ禍が収束に至っていない現状に鑑み、県境をまたぐ不要不急の移動を自粛し、リスクの回避に努めましょう。

以上、学生のみなさんのご理解とご協力をお願いします。

学長 山崎 剛

一覧へ戻る
PAGETOP