金沢美術工芸大学

新着情報TOPICS

学長メッセージ:新型コロナウイルス感染症への対応について(2022年3月22日)

2022年03月22日

学生のみなさんへ

石川県に適用されていた 「まん延防止等重点措置」が解除されました 。
これに伴い、「金沢美術工芸大学の新型コロナウイルス感染症防止に関する活動指針」の警戒レベルを「3」から「2」に変更し、教育等については、感染防止対策の徹底を前提に、《プランC》で実施し、下記の対応を継続します。
・授業は、原則として午前・午後ともに対面で実施します。
・学生の正課外の校舎使用を通常通り許可します 。※平日= 17:30~21:00 、休業日 9:00~17:00
・附属図書館、アートベース石引、その他の利用の詳細は、KANABI-Portalに掲載します。
また、部活動に関してはKANABI-Portalに掲載の「まん延防止等重点措置の解除に伴う部活動に 関して」を確認ください。

学内の感染状況が悪化した場合、厳しい運用方針を取らざるをえなくなります。これまでと同様に、高い意識を持って感染防止に努めるよう、強く注意を喚起します。

■体温測定を含む「健康管理シート」への記録(毎日)を行いましょう。

そして、次の場合は、必ず、速やかに担任教員へ連絡してください。

1.感染が疑われる症状があり、医療機関を受診する場合

2.医療機関等でPCR検査を受けることとなった場合

3.感染した場合、および濃厚接触者に特定された場合

不安を感じる方は、県内に無料でPCR検査が受けられる場所があります。学生証を持参の上、ご利用ください(無症状であることが条件、石川県に住民票が無くても学生証の提示で可能)。

石川県HP「感染不安を感じる無症状の県民を対象としたPCR等検査の無料化」(4月22日まで)https://www.pref.ishikawa.lg.jp/kansen/ippankensa.html

授業を「公欠」の扱いとするなど、教育上の配慮を十分に行いますので、安心して大学を休み、必ず、速やかに担任教員へ連絡してください。 学内の感染拡大を防止するためには、学生のみなさんからの迅速な連絡が、極めて重要です。

■各自の安全確保と周囲への感染拡大防止のため、次の対策を更に徹底しましょう。

・地域医療を守り、自分と大切な家族や友人を守るために、「新しい生活様式の実践」「人と人との接触の回避」「感染リスクの高い場所の回避」を徹底すること。

・特に感染リスクの高い会食は控え、複数の人が空間を共有する場所では、常にマスク着用で会話すること。日常生活においても、周囲の人々に不安を抱かせない行動を心掛けること。

■全国の感染現状に鑑み、県境を跨ぐ不要不急の移動は慎重に判断しリスク回避に努めること。

以上、学生のみなさんのご理解とご協力をお願いします。

学長 山崎 剛

一覧へ戻る
PAGETOP