金沢美術工芸大学

新着情報TOPICS

令和5年5月8日以降の新型コロナウィルス感染症への対応について

2023年05月08日

学生のみなさんへ

 

新型コロナウイルス感染症は本日付で、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律上の5類感染症に移行しました。
これにより、今後は以下のような対策、対応とし、授業をはじめとする学事を通常通り行います。

(1)基本的な感染防止対策
・マスクの着用は、個人の主体的な選択を尊重し、着用は個人の判断に委ねることを基本とします。
また、一定の場合(医療機関や高齢者施設、混雑した電車やバス等)には着用を推奨します。
・咳エチケット、手洗いや消毒、こまめな換気を継続するとともに、体調の管理を徹底しましょう。
・課外活動(研修、部活動、旅行、コンパ等)においても可能な範囲で感染防止に留意しましょう。

(2)感染が判明した場合の対応
新型コロナウイルス感染症に感染した場合は、発症日を0日として5日間かつ病状軽快から1日は外出を控えてください。その場合の授業の取り扱いは、季節性インフルエンザと同様、『学生便覧』の下記の通りとなります。


学校感染症による出席停止
インフルエンザなど、学校保健安全法に定められた学校感染症に罹患した場合は、出席停止期間が過ぎるまでは、大学に来ることができません。罹患したことが判明した時には直ちに大学に連絡し、その指示に従ってください。出席停止期間終了後、罹患がわかる書類を添えて、なるべく早く届け出てください。出席停止により授業に出席できなかった場合にも、手続きを行うことにより授業にかかわる指導・支援を受けることができます。なお、授業の実施期間を過ぎると授業担当者から指導・支援を受けることが困難になりますので、できる限り授業期間中に手続きを行うようにしてください。

新型コロナウイルス感染症の流行は今も続いており、完全に終息したわけではありません。感染状況が悪化した場合には、あらためて学内ポータルサイト等で対応を通知します。

今後も引き続き、油断することなく基本的な感染防止対策を心掛け、体調の管理を徹底しましょう。
本学の教育環境を守るために、学生のみなさんのご理解とご協力をお願いします。

 

学長 山崎 剛

一覧へ戻る
PAGETOP