イベント・講義EVENT & PROGRAM

一般教育等 特別講演会 小林卓也氏「ドゥルーズの自然哲学」 講演会

講演会

2020/1/30(木)

一般教育等  特別講演会 小林卓也氏「ドゥルーズの自然哲学」 講演会

一般教育等 特別講演会
小林卓也氏 大阪大学人間科学研究科助教
題目:ドゥルーズの自然哲学
日時:2020年1月30日 17:45~19:15(その後、質疑応答)
場所:金沢美術工芸大学 第1教室(大学院棟3階)
担当:高橋明彦(一般教育等/日本文学)

(こばやし・たくや)1981年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間科学)。主著『ドゥルーズの自然哲学』(2019)、共訳書にドゥルーズ『ベルクソニズム』(2017、ともに法政大学出版局)。

内容:
「器官なき身体」、「超越論的経験論」、「内在的自然」といった概念群によって構成される、ドゥルーズの自然哲学は、伝統的な西洋哲学における人間中心主義的な思考法に抗し、自然における物質性や身体性のなかから生まれるべき「非人間的(inhumain)」な思考や、ありうべき人間の形象を思考する「非人間的な哲学(inhumanisme)」を開示する。このとき、自然はもはや、人間に対して外在する客体としての自然ではない。いかなる人間主体による認識も、いかなる人間的形象の介入も前提することのない、無際限の諸要素がそれ自体において自律しつつ関連し合う運動性や生産性として存在する自然である。
ドゥルーズ哲学に脱人間主義と非人間主義との切断点を発見した、新時代をひらく唯物論『ドゥルーズの自然哲学』を、分かりやすく明快にお話しいただきます。

どなたでも聴講できます。無料。

一覧へ戻る
PAGE TOP